トップ  >  学術講演会報告  >  令和元年度 地域連携パス推進協議会 学術講演会

令和元年度 地域連携パス推進協議会 学術講演会

 10/18 UPLOAD!


日 時 令和元年9月21日(土)
場 所 荘内病院 3階講堂
参加者 医師、看護師、リハスタッフ、事務など41名
内 容  

・オープニングアクション
 「当地区の大腿骨近位部骨折地域連携パスに関する現状について」
  大腿骨近位部骨折個別パス委員会 委員長
  鶴岡協立リハビリテーション病院 院長 茂木 紹良 先生

・講演
 「骨粗鬆症診療における多方面での連携とICT活用の試み」
  整形外科・皮膚科  しまがきクリニック 院長 島垣 斎 先生

 

今回は、隣県の新潟よりしまがきクリニックの島垣斎先生にお越しいただき、講演をしていただきました。当地域で運用されている大腿骨近位部骨折の地域連携パスは今年度Net4UPATHへ展開するべく検討がなされています。先生の大変貴重なご講演を参考にさせていただき検討を重ねていきたいです。

またこちらについて三原一郎先生のブログで詳しく紹介されています。ぜひご覧ください。


鶴岡地区医師会だより「庄内南部地域連携パス推進協議会:講演会」

 
令和元年度 学術講演会  令和元年度 学術講演会  令和元年度 学術講演会  令和元年度 学術講演会