トップ  >  全体会報告  >  令和元年度 全体会

令和元年度 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会


令和元年度 第5回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会 5/11 UPLOAD!
日 時 令和2年2月4日(火)
会 場 荘内病院 3階講堂
参加者 医師、看護師、リハスタッフ、事務など47名
内 容
  1. 日本クリニカルパス学会学術集会 報告会
  2. その他
 2月4日、第5回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会を開催しました。今回の全体会は、1月17日~18日に熊本県の熊本城ホールで開催された「第20回日本クリニカルパス学会学術集会」の報告会を行い、前回の予演会で発表しなかった演題2題を中心に報告がされました。

 今回のクリニカルパス学会では湯田川リハビリテーション病院の阿部さんが発表しました「膀胱留置カテーテル抜去パス運用状況分析と抜去率向上への取組み」が座長賞を受賞されました。

 第21回日本クリニカルパス学会学術集会は、2020年11月6日~7日に長良川国際会議場で開催されます。また第22回は山形県で開催される予定です。
次々回の山形県開催も視野にいれながら来年も学術集会に臨んでいきたいと思います。
 
令和元年度 第4回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会 5/11 UPLOAD!
日 時 令和2年1月9日(木)
会 場 荘内病院 3階講堂
参加者 医師、看護師、リハスタッフ、事務など48名
内 容
  1. 第5回運営委員会の報告
  2. 第20回 日本クリニカルパス学会 学術集会 予演会
  3. その他
 1月9日、第4回 庄内南部連携パス推進協議会 全体会を開催しました。今回の全体会は、1月17~18日に熊本県 熊本城ホールで行われた「第20回日本クリニカルパス学会 学術集会」に向けての予演会を行いました。当地区からは7名の演題が採択されています。

一般演題(ポスター)発表時間:6分
・大腿骨近位部骨折地域連携パス生活期転倒不安予測因子について
・当院での重症脳梗塞・脳出血患者におけるFIM運動項目利得の予測
・膀胱留置カテーテル抜去パス運用状況分析と抜去率向上への取り組み
・PANSSは統合失調症の退院予測につながるか

一般演題(口演)発表時間:8分
・脳卒中地域連携パスデータからみた生活期ADL変化と認知症の関係
・地域医療構想の実現を加速化する地域連携パスデータの活用
・小児のパス電子化の取り組み

 今回は上記演題の中から、5題の予演を行いました。本番同様に発表時間を計測しながらの予演会は、質疑も活発に行われ有意義な会になったかと思います。
 
令和元年度 第2回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会 10/18 UPLOAD!
日 時 令和元年7月9日(火)
会 場 荘内病院 3階講堂
参加者 医師、看護師、リハスタッフ、事務など71名
内 容
  1. 大腸がん地域連携パスICT化について
  2. 大腿骨近部骨折地域連携パスのトピックスについて
  3. 脳卒中地域連携パスのトピックスについて
  4. その他

 令和元年7月9日(火)、「大腸がん地域連携パスICT化キックオフ会および各種地域連携パスの取り組みを知ろう」と題し、大腸がんパスのICT化キックオフを中心とした今年度2回目の全体会が行われました。
 大腸がん地域連携パスのICT化については、中村秀幸先生の司会のもと、始めに三原委員長よりこれまでの経緯について説明があり、ストローハットの佐藤さんよりシステムの詳細について紹介がありました。その後坂本先生よりICT化することのメリット、がんパスについて等の説明があり、荘内病院地域医療連携室より具体的な運用方法が示されました。
 次に、大腿骨近位部骨折地域連携パスのトピックスについて荘内病院、協立リハ、湯田川リハのスタッフより各病院の取り組みの発表と脳卒中地域連携パスのトピックスについて丸谷先生から発表いただきました。
 今回は大腸がんパスICT化のキックオフとあって多くの方々にご参加いただきました。また、各パスの取り組みを知ることができた会となりました。

第2回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会  第2回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会  第2回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会  第2回 庄内南部地域連携パス推進協議会 全体会